債務整理したらクレジットカードはどれくらいの期間使えないの?

債務整理したらクレジットカードはどれくらいの期間使えないの?

債務整理したらクレジットカードはどれくらいの期間使えないの?

債務整理を検討している方の中には、家族に内緒で借金を繰り返してしまったという方もいらっしゃいます。
パートやアルバイトの方でも消費者金融や銀行のカードローンを申し込みできたり、インターネットで申し込み可能であったりと誰にも知られずに手続きすることが可能です。
利用の仕方によっては、緊急の際にはとても便利なカードローンですが、趣味や娯楽のためについつい使いすぎてしまったりという状況が続き返済のために、新たな借金をしてしまったりというケースがあります。
債務金額が大きくなってしまった事により、これからどうしていけばいいのかという事を考えたときに多くの方が債務整理を考えます。
債務整理の方法には、自己破産をはじめ任意整理や個人再生、特定調停といった方法がありますが、ご自身で債務整理の手続きを行うことは、様々な書類を揃えたり裁判所へ出向いたりと多くの手間と時間がかかってしまうため大変な労力が必要となってしまいます。
債務整理を行う時には、弁護士事務所へ相談するなどの方法を利用する方が、スムーズに手続きを行うことができるので安心です。
クレジットカードの債務整理を行うといわゆるブラックリストに記載されてしまい、これからの生活に多大な影響が出るのではないかと心配される方もいらっしゃいますが、ブラックリストは実際には存在せず、CICやKSCという信用情報機関へ事故情報として記載される事がブラックリストと呼ばれています。
事故情報の登録が消える5年から10年の間はクレジットカードを利用したりローンを利用したりする事ができなくなりますが、事故情報の登録が消えた後はクレジットカードを利用する事も可能です。