債務整理をした場合のデメリットについて教えてください※Q&A

債務整理をした場合のデメリットについて教えてください※Q&A

債務整理をした場合のデメリットについて教えてください※Q&A

債務整理には、その状況に応じて、任意整理、個人再生、自己破産の中から最も適した手続きを選択します。任意整理は、金融業者との個別交渉となりますが、個人再生や自己破産は裁判所を通して認めてもらう必要があります。いずれの方法も債務を整理するという点ではメリットがありますが、それぞれにデメリットも存在します。
債務整理のデメリットの一つは、信用情報に債務整理をしたという記録が一定期間は残るということです。当然、その期間は、お金を借りたりクレジットカードを作ることが難しくなります。一定期間とは、自己破産や個人再生の場合で5~10年、任意整理の場合で5年がメドとなります。
また、自己破産と個人再生の場合には、裁判所を通すことになりますので官報という国の機関紙に掲載されます。官報を見ている個人はまずいませんが、ヤミ金などがDMのリストとして利用したりしています。任意整理は裁判所を通しませんので官報に掲載されることはありません。
そして、債務整理の最大のデメリットと思われるのが、連帯保証人への影響です。自己破産と個人再生の場合には、免責された債務は連帯保証人に引き継がれてしまいます。従って、債権者は連帯保証人のところに取り立てに行くことになります。個人再生の場合には、再生計画で返済された債務は除かれます。任意整理の場合にも債務は連帯保証人のところに行きますが、任意整理の場合には、連帯保証人も同時に任意整理を行い、主債務者が再生計画通りに返済を行う限りは連帯保証人が債務を支払う必要はありません。